「コワーキングスペース×託児所」は新しい定番になるかも!?

働き方改革法が4月1日から施行されています。

その肝は残業の規制であるとみていますが、これからは、会社に振り回されない働き方というのが今後は重要になるでしょう。

今までは会社主導ですべて決まっていました。突然の転勤、毎日の通勤ラッシュ(しかも人身事故などあっても)、理不尽な人事。

これから個にもっとスポットを当てる時代であり、政府の言う1億総活躍というのはその意味でしょう。

そんな流れを後押しするようなコワーキングスペースが出来ました。

新神戸・御影に託児機能付コワーキングスペースがオープン

これは時代のニーズをしっかりとつかんでいますよね。

ここ以外にも既にキッズスペースのあるコワーキングスペースはありますが、ここまで大々的なのは日本初かもしれません。

これからのコワーキングスペースは、リモートワークとの相性の良さが求められてきそうです。

東京都内のように、家賃が極端に高いところでは仕事場をシェアするという機能だけで十分コワーキングスペースが成り立つでしょうが、地方になるとそうはいきません。

様々な工夫のあるコワーキングスペースが出てくるとよいですね。

ライター情報

日本コワーキング協会
日本コワーキング協会
「コワーキングスペースの運営品質向上を通し、日本を真の起業立国にする」ことをミッションに活動しております。

関連記事

  1. 東京で起業するなら何区がおすすめ?

  2. 人口減少社会とどう向き合うか?

  3. 仕事でパンプスなどの強制は理不尽 女性たちが訴える「#KuToo」が話題に。

  4. 新しい「働き方」、新しい「ワークプレイス」の形 -Biz Share –

  5. プレミアムフライデーはコワーキング・スペースへ行こう!

  6. 保険は節税にならない